ライン

カロリーを消費しても食べてしまうと同じ?

ライン

思った以上に少ない運動の消費カロリー

運動が苦手な人からすれば、15分もジョギングをすれば大汗をかいておおいに運動をした気分になります。ただし、私たちが思っているほど運動の消費カロリーは多くありません。例えばジョギングを15分した場合の消費カロリーは100kcalほど。走る時間が5分程度なら3分の1程度です。

大汗をかいてジョギングしても無駄?

ただ、1日ジョギングをしただけなら消費カロリーはわずかばかりですが、これも1ヶ月積み重ねると効果も蓄積されていきます。1日30分のジョギングで200kcal、これを1ヶ月続けたら6000kcal。およそ体脂肪を1キロ分ほど減らせる消費カロリーです。

なんでも積み重ねや習慣が重要であり、運動に関しても続けてさえいれば徐々に体重は落ちていくものです。三日坊主でやめてしまえば効果を全く実感できないのは当然のことといえます。

運動すれば食欲が増して食べてしまいがち

思った以上に消費カロリーが少ない運動ですが、さらに運動後は食欲が増進する傾向にあります。だから、走った直後にご飯を山盛り食べてしまうことはよくあります。これが運動で体重が減らない大きな原因の1つになっています。

これに対する対処法としては、食事の1時間前から2時間前くらいに運動をすることです。

実は運動直後は食欲が減少するもので(特に激しい運動ほど)、運動から1~2時間程度はそれほどお腹がすかないものです。逆に言うと、お腹がすいたときにできるだけ激しい運動をすれば食欲が収まるということです。食事の1~2時間前くらいはちょうどお腹がすいてくる頃合いなので、このタイミングで運動をすれば間食を防げるわけです。

Copyright (C) 美しく体重を落とす重要な要素 All Rights Reserved.